No.1680:ユーチューバーになりたい

掲載日:2021年7月16日

小中学生の将来なりたい職業の上位にYoutuber(ユーチューバー)がランクインしています。

初期のユーチューバーは一人での活動が多数でした。今は複数人による組織運営でないとうまく機能しなくなってきました。それだけ競争が激化したんですね。

ユーチューバーを因数分解すると、3つのファンクションが出てきます。まず何をどのようにアピールするかを考えるプランナー。次にそれを演じるアクター。そして撮影から編集やエフェクトを担当するエンジニア。

さらに細かく見ていけば、プランを考える前にマーケットニーズを分析するマーケティング担当のマーケター。全体を指揮するディレクター。資金計画を管理するプロデューサー。実際の資金を提供するインベスター。まあ、このファンクションはコアの3ファンクションとの兼務でも良いでしょう。

そう、ユーチューバーになりたいあなた、自分の真にやりたいことはこのファンクションのうちのどれなのかを深く考えることが大事です。アクターになりたいのなら俳優養成スクール、エンジニアになりたいのなら理系の勉強、プランナーになりたいのなら猛烈な読書を勧めます。

お金やディレクションに興味があるのならMBAを目指すのも良いかも知れません。

あなたの真にやりたいことは何でしょうか?

No.1679:小売店舗の倉庫化

No.1681:守るも攻めるも

BUYER'S VOICE TOPに戻る