No.1321:第三の矢

掲載日:2014年12月18日

アベノミクスの第三の矢は、成長戦略ですが、内需振興というキーワードは、あまりでてこないですね。

海外インフラ投資の官製ファンドの設立など、企業の海外活動支援の動きの方が目立ちます。

おそらく、TPPも合意して行くのでしょうが、明らかに内需中心の企業には、海外勢との競争激化でしょう。合意のメリットは、日本企業の海外活動にあります。

ハングリースピリットでは、海外勢に大きく、日本は負けている気がします。グローバル化していく世の中で、2015年は、どのような年になるでしょうか。

No.1320:コンパクトな家具

No.1322:値上がり必至の1月展示会

BUYER'S VOICE TOPに戻る